2021-07-21

印象的な色使い

目標達成できないとお悩みのあなたに
商談成約率がグングンアップ
カラーイメージ&スタイリングを知り尽くした

イメージアナリストが印象アップのスタイリングノウハウを伝授します。

本日は、

イタリアの伊達男たちが愛する配色を伝授。


【アズーロ・エ・マローネ】について。
イタリアの伊達男が好むと言われている
ノーブルな青(AZZURRO)と艶やかな茶(MARRONE)の配色のことです。


サッカーが好きな方なら「アズーリ」=イタリア代表
そして、アズーリのユニフォームが「青」だと言うことをご存じですよね!

補色の関係にある色、青とオレンジは寒色と暖色。コントラストが強い配色になります。

伝統を重んじる英国の着こなしとは対照的
自己表現を大事にするイタリア人ならではの着こなしです。

「アズーロ・エ・マローネ」は正確に言うと
「青」×「茶色」で「紺」×「茶色」ではないのです!


ブルーに近いネイビースーツに茶色のネクタイ・革靴のコーディネートや
青いシャツに茶色のネクタイが本当のアズーロ・エ・マローネなんですね!

その理由はスーツのルーツ英国貴族にあります。

貴族は一日に何度も目的に合わせて着替えをしていました。
目的は大きく分けて3つ。
「フォーマル用」=黒
「都市で仕事をするためのスーツ」=紺
「田舎で休日を過ごすためのスーツ」=茶
の3つに分けていたのです。
都会×田舎の配色はスーツの着こなしとしての統一感に欠けると言うわけです。
とは言え、歴史を知った上での配色としての「型破り」はOK!

「色」・「柄」・「素材」・「デザイン」の要素を組み合わせてあなた流の伊達男の着こなしぜひトライしてみてくださいね。

余談になりますが、2019年アズーリのユニフォームが別の色に変わって物議を醸したことがありました。
さて、何色だったでしょう?
答えはこちら
↓↓↓
プーマサイトよりお借りしました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA