2021-04-15

色が与える心理的イメージ

ここぞという時のデートファッションや

いつもより気合いを入れたい装い悩みますよね。

婚活の場合など初対面のお相手とリアルに会う時や

今時ならばオンライン対面など。


堅苦しすぎるのもどうかと思いますが

信頼感を得るために

効果的に使うと良い色が「紺」です。

黒でも良いんじゃない??

リクルートスーツは「黒」だよね?


そう思われた方・・・

答えは「NO」!

「黒」と「紺」


例えば


「黒」と「濃紺」でも


間違いなく印象は違うのです。


色は波動です。

 

黒は無彩色。

色味がない色。

紺は青のトーン変化。

元々の色の波長が違うのです。

だから

心理的に伝わる感覚も全く違うのですね。

そして

色彩心理の視点だけでなく

「紺」という色は制服をイメージする色でもあります。


「紺ブレ」は制服のイメージもありフ

ォーマルでの装いにも略礼装として

しっかり使って頂けるスーパーアイテムでもあるのです。


子供の制服、大人になったら卒業⁉️

そんな風に思っているともったいなさ過ぎる!

大人にも素敵に着こなせる最強アイテム。

老若男女に向けた最強万能アイテムです!


カッコいい大人の背中を見せていきましょう。

大人が親が出来れば

子供は自然に出来るようになります。

まずは大人の背中を見せていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA